プレス加工部品の試作技術

プレス加工部品試作

同じ精度の製品を大量に生産できる加工方法として、なくてはならないのがプレス加工。より良い製品を作るためには、開発段階でしっかりと試作をしておく必要がありますが、プレス加工部品の試作には時間もコストもかかるため、切削加工など他の工法を代用して試作することがあるのも事実。

しかし、プレス加工は一度量産が始まると形状などを変更するのは容易ではないため、試作段階において量産同等条件で加工した製品を用いて評価を行うことが理想です。

また、プレス加工部品の試作において重要なことは、「予算」「納期」「加工技術の最適化」の3点となります。決められた納期と予算内で試作金型を製作した上で、試作にて発生した問題点を改善して量産金型に反映させることが、円滑な量産移行に繋がる費用対効果の高い試作となるのです。

なお、一言に試作と言っても、「技術開発を目的とした試作」と「量産化を見据えた試作」の2種類に分けられます。

「技術開発を目的とした試作」は、作り上げる形状に最適と考えられるプレス工程を仮定し、その後トライアンドエラーにより金型や工程を調整しながら、目的の形を徐々に作り上げていきます。

「量産化を見据えた試作」は、技術開発を目的とした試作で得た問題点を踏まえて試作に取り掛かり、量産工程の妥当性を確認をするとともに量産立ち上げリードタイムの短縮を図ります。

また、必要とされる条件に対してオーバースペック・アンダースペックになっていないかなども見極め、生産効率を考慮しつつ求められる品質に近付けていく調整が行われます。近年では、3D-CAD/CAMや成形シミュレーションによる設計のデジタル化が発展し、納期短縮並びに品質向上が進んでいます。

長野サンコーのプレス加工部品の試作技術

試作から量産まで社内一貫対応

試作から量産まで社内一貫対応

”量産と同じ工法で試作部品を製作したい”というお客様のご要望にお応えできるよう、長野サンコーでは試作から量産まで社内一貫で対応しております。
量産型での再現性を見据えて試作を行いますので、試作品と量産品にはほとんど差異が生じず、量産立ち上げ時の課題を事前に抽出して解消することができるため、量産への移行を円滑に進めることが可能です。

長野サンコーでは量産だけでなく、下記の仕事もお引き受けいたします

種 類 内 容
試作 お客様の製品試作に必要なプレス部品を試作型や工作機械を用いて製作
売り型 金型の設計から製作までを行い、金型図面と完成した金型を納品
金型設計 金型の設計までを行い、金型図面を納品
金型製作 お客様から支給していただいた金型図面を基に金型を製作し、完成した金型を納品
金型部品製作 お客様から支給していただいた図面を基に金型部品を製作
治工具製作 お客様から支給していただいた図面を基に工作機械を用いて製作